孤児院施設支援・フォスターペアレント

孤児院施設支援・フォスターペアレント

支援サイト

バタンバン州 ホームランド孤児院

支援前の状況

ホームランドには約60人の子どもたちが暮らしていました。子どもたちの状況は様々。
貧困から、一家の稼ぎ頭として物乞いや売春をさせられる場合もあれば、両親が離婚するといった家庭環境、両親をエイズで亡くした孤児、決して貧しい家庭ではなくても親や兄からアルコール中毒で暴力をふるわれる、などといった背景をもっています。

活動の目的と内容

セカンドハンドはホームランドをの施設建設やフォスターペアレント制度を通じて、子どもたちの生活費や、各プロジェクトの運営費などを支援しています。ホームランドでは、小学校低学年相当の教育、縫製技術の訓練のほか、子どもたちが再び家庭に戻れるように、親を対象としたカウンセリングや職業訓練といった、家庭への支援も行っています。最終目的は、ホームランドが子どもたちの住まいとなることではなく、子どもたちが再び、もとの家庭に安心して戻れるようになることです。
foster_parent
ご興味をもたれた方はセカンドハンド事務局までご連絡ください。
支援金のお支払いは定額自動引き落とし申込書(FP)をご利用ください。

保健衛生指導者育成プロジェクト(2017年9月より2年間)

香川県立保健医療大学のご協力のもと、ホームランド孤児院のスタッフを対象に手洗いや歯磨き等の指導者育成を行っています。
2017年8月、2018年3月、8月に現地指導を実施。